レーザー治療

レーザー治療の特徴

レーザー治療
  • ・治療効果が早く現れるため、治療期間が短縮できる
  • ・ほとんどが麻酔なしで治療が可能
  • ・処置が簡単
  • ・止血作用があり、出血が少ない
  • ・痛みや不快感が少ない
  • ・術後の痛みが少ない
  • ・疼痛緩和効果がある

安全で、副作用がほとんどなく、妊娠中の方やペースメーカーを使用されている方も、安心して治療を受けていただけます。

歯グキのハレ

従来なら、麻酔をしてメスで歯グキを切ってウミを出していました。
レーザーを使えばほとんどの場合、麻酔・メスは不要です。

歯を抜いた後

出血をおさえ、ハレを少なくし、傷口の治りを早くします。

口内炎

レーザーで痛みを瞬時に和らげることができます。
入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

小帯、歯肉、嚢胞、歯肉腫などの切除

止血しながら切開が可能で、縫合の必要もほとんどありません。

(1)上唇の小帯切除

説明画像説明画像
術前術後2週

(2)舌の小帯切除

説明画像説明画像

(3)唇の嚢胞切除

説明画像説明画像
術前術後2日

歯グキの黒ずみ

メラニンという色素により、歯グキが黒くなることがあります。
こんな時もレーザーはこの黒ずみを極めて短時間で除去します。数日後には元のキレイなピンク色の歯グキに生まれ変わります。

・メラニン除去症例1

説明画像説明画像

・メラニン除去症例2

説明画像説明画像

知覚過敏

虫歯ではないのに冷たいもの・甘いものがしみる場合、レーザーで痛みを瞬時に和らげることができます。神経を保護する役割もあります。

虫歯予防

歯の表面を消毒・殺菌します。歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。

治癒促進

低出力レーザーは組織を活性化し、細胞の再生を促す働きがあります。

顎関節症

顎関節の疼痛緩和や、開口障害の改善に効果があります。

説明画像