口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずは他の歯と違って、様々な生え方をしてきます。 埋まっていたり、横を向いたり、外を向いたり・・・

説明画像

「親知らず」を抜歯した方が良い場合とは?

  • ・歯ぐきの腫れ、痛みを繰り返している
  • ・いつも食べ物がつまる
  • ・手前の歯や「親知らず」が虫歯になった
  • ・顎の骨の中に埋まっているが、他の疾患の原因になっている

「親知らず」を抜歯しなくても良い場合とは?

  • ・「親知らず」が上下きちんと生え、咬みあっている
  • ・顎の骨の中に完全に埋まっていて問題が無い
  • ・移植をする際のドナーとして抜かずに残しておいた方が良い場合

小帯、嚢胞、歯肉腫などの切除(歯科用レーザー使用)

止血しながら切開が可能で、縫合の必要もほとんどありません。

(1)上唇の小帯切除

説明画像説明画像
術前術後2週

(2)舌の小帯切除

説明画像説明画像

(3)唇の嚢胞切除

説明画像説明画像
術前術後2日

歯の移植

自家歯牙移植

不必要な自分の歯を抜いて、歯のなくなったところに植え直すというものです。 不必要な歯として考えられるのは、

(1)親知らず

(2)生える場所が異常な歯

(3)余分にはえている過剰歯などです。
自分の歯を自分の顎に移植するので、安心して行える治療法です。

説明画像説明画像説明画像
移植症例1 術前移植症例1 術中移植症例1 術後
説明画像説明画像
移植症例2 術前移植症例2 術後

口腔外科において高度な専門性が問われる場合には、関東労災病院 歯科口腔外科、または日本大学歯学部付属歯科病院 口腔外科にご紹介させて頂いております。