歯周病治療

歯周病治療

お口の成人病とも言われる歯周病(歯槽膿漏)

推定患者9000万人と言われる歯周病。つまり、成人の80%の方が歯周病にかかっています。歯周病は気づかないうちに進行する病気ですが、自然に治るものではないので、放っておくと悪化の一途をたどります。さらに、口臭がある人の約8割は歯周病といわれています。早期の発見・治療・対策と適切なブラッシングで歯周病を防ぎましょう。

説明画像

どうして歯周病になってしまうのか?

お口の中が正しく清掃されないと、歯に汚れ(歯垢・歯石など)が付いてきます。するとこの汚れの中にいる歯周病原因菌が歯を支えている組織を壊し、歯がグラグラしてきてやがては歯が抜け落ちてしまいます。これがいわゆる歯周病と言われるものです。

歯周病説明イラスト

歯周病と全身疾患との関わり

説明画像

歯周病はお口の中の病気ですが、実は全身疾患の原因となることがあります。
歯周病がある程度進行すると、歯周病菌が口腔内の毛細血管を通じて全身の臓器に運ばれて、種々の疾患を引き起こすおそれもあります。

(誤嚥性肺炎、細菌性心内膜炎、心筋梗塞・脳梗塞、糖尿病、早産など)

定期的なクリーニングの重要性

説明画像

歯と歯の間の汚れや、歯周病で深くなったポケットの中の汚れは、ご家庭での歯磨きでは残念ながら除去することは出来ません。そこの部分はどうしても歯科医院での専用器具により、専門家である歯科衛生士や歯科医師でしか取り除くことはできませんので、定期的な検査やクリーニングはとても大切になります。

説明画像

生活習慣と歯周病

食生活の改善
歯周病の原因菌である歯垢(プラーク)は糖分をエサに増殖して行きますので、糖分の多い食生活を続けていると歯周病へのリスクが高くなってしまうのです。また歯周病は糖尿病と深く関わっており、高カロリー、高脂肪、塩分、糖類が多く含まれている食事は避け、バランスの取れた食生活を心がける事が何よりも大切です。
睡眠とストレス
睡眠不足になるとストレスによって抵抗力が低下し、歯周病菌に侵されやすくなります。さらにストレスが溜まっていると睡眠中、歯ぎしりをしたり、歯を強く噛む事が多くなるため、歯周病の進行を早めてしまう事もあるのです。
たばこ(喫煙)
たばこを吸っている人は吸わない人に比べて歯周病になるリスクが高いといわれており、さらにタバコは歯周病の症状を悪化させてしまいます。

生活習慣を改めなければ歯周病を予防する事はもちろん、歯周病を治療しても治りづらく、治った場合でも再発しやすいので、生活習慣を見直す事が大切です。