歯の移植

歯を失ったところに歯を入れる方法にはブリッジ、取り外し式の入れ歯、インプラントの他に自家歯牙移植という方法があります.
自家歯牙移植 は、不必要な自分の歯を抜いて、歯のなくなったところに植え直すというものです。
不必要な歯として考えられるのは、1.親知らず、2.生える場所が異常な歯、3.余分にはえている過剰歯などです。
自分の歯を自分の顎に移植するので、安心して行える治療法です。

下の写真は歯の自家移植を行い、取り外し式の入れ歯やインプラントによる治療を回避できた患者さんです。
治療期間は長期にわたりますが、何よりも自分の歯で噛めるようになることが一番のメリットですね。

      術前           術後
 

          術前                  術後
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*