入れ歯へのこだわり

常々、こだわりをもって診療にあたるよう心がけています。
大学院時代に補綴(ほてつ)学を教えていただいた故 五十嵐教授、最も自分が尊敬しお世話になった先生です。
「技工は自分でもできないとダメだよ」と常々言われていましたが、日々診療する中でもその言葉の大切さを実感しています。
院内でも最低限の技工作業ができるように、技工スペースを設置しています。

入れ歯を新しくする際には、人工の歯の選択がとても重要になります。
形、材質、色・・・様々な種類から、年齢・性格・個性などを考慮しつつ患者さんの要望も取り入れて選択していきます。

形や色、並べる位置によって口元の雰囲気はがらりと変わります。
歯の選択から並べるところまでは技工士任せにせず、自分で行うようにしています。

さらに、とても重要になるのが仕上げの噛み合わせの調整です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*