ホワイトニングで削らずに歯を白く

神経の治療後に、歯の色が変色してしまった患者さんです。

            術前

神経の治療をやり直した後に、数回のホワイトニングで歯の色調改善を行いました。

            術後

わずかな変色は残っているのですが、歯の表面を削らずに色調の改善ができたので、患者さんにも満足していただけました。

一度削ってしまった歯は再生しません。
歯をできるだけ残し削る量を最小限にする、Minimum Intervention (最小の侵襲)の概念による治療を心がけています。

院内のパキラとホンコンカポックは、かわいい新芽が出てきました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*