むし歯診断装置 導入

むし歯診断装置 「ダイアグノデントペン」を導入しました。
これはレーザーでむし歯の進行度を測定し、数字で表してくれる装置です。

従来までの、視診や鋭利な器具での診査、レントゲン診査などでは見つけにくかったむし歯も、より正確な診査が可能です。
むし歯の程度が数値で表示されますので、より正確なむし歯の診断が可能で、診査に伴う痛みなどは全くありません。
レーザー光により歯質の状態を診査するため、通常の鋭利な器具を使用したときに起こりえる歯へのダメージを与える心配がありません。
わずかな歯の変化を突き止めることが可能なので、歯が内側から崩壊する前に予防処置をすることで、むし歯の拡大・進行を防ぐことが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*