噛む大切さ

栄養バランスよく食べる、よく噛んで食べる事は虫歯や歯周病の予防にも繋がります。
タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素をバランスよく取り、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に取ると良いですね。
食物繊維を噛むと、歯の表面の掃除にもなり、唾液もたくさん出ます。
柔らかすぎる食品(ファーストフード等)はよく噛まずにすぐ飲み込めるので、唾液があまり出ません。
唾液の分泌量が増えることによって、唾液中の成分が消化を助けるだけでなく、お口の中の浄化作用もあり、歯周病や虫歯の原因菌をおさえるパワーも発揮します。
よく噛むことは唾液分泌のためでなく、老化防止にも良いと言われているので、無理のない程度に噛む食事をすることも大切ですね。
夏バテ防止のためにも良く噛んでバランス良く食べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*