診療案内

トオル歯科ケアクリニックでは、常に患者さまとのコミュニケーションを大切に、十分なインフォームド・コンセント(説明と同意)のもとに歯科治療を進めていきます。
自分の歯で美味しく食べるために、3つの大切なことがあります。

  • 1.日頃のお手入れ(セルフケア)
  • 2.正しい治療
  • 3.定期的な検査とクリーニング(プロフェッショナルケア)

当院では治療だけでなく、予防「ケア」にも重点をおいています。

「痛くない麻酔」

麻酔薬加温装置

1.表面麻酔
ゼリー状やシール式の表面麻酔薬を応用し、麻酔の際のチクッという痛みを無くしています。

2.麻酔薬を加温
麻酔薬が冷たいと体が敏感に反応してしまうため、あらかじめ体温に近い温度に加温しています。

麻酔薬加温装置

3.細い注射針を使用
刺入時の痛みを軽減するため、一番細い注射針を使用しています。

4.電動注射器
麻酔薬をゆっくり注入可能な電動注射器を併用しています。

むし歯診断装置「ダイアグノデントペン」

ダイアグノデント画像

(レーザーでむし歯の進行度を測定し、数字で表してくれる装置)
従来までの、視診や鋭利な器具での診査、レントゲン診査などでは見つけにくかったむし歯も、より正確な診査が可能です。
むし歯の程度が数値で表示されますので、より正確なむし歯の診断が可能で、診査に伴う痛みなどは全くありません。
レーザー光により歯質の状態を診査するため、通常の鋭利な器具を使用したときに起こりえる歯へのダメージを与える心配がありません。
わずかな歯の変化を突き止めることが可能なので、歯が内側から崩壊する前に予防処置をすることで、むし歯の拡大・進行を防ぐことが可能になります。